koishinx factory


“ 「Tカードはお持ちですか?」と急いでる時にファミマで聞かれたので少しイラっとして「どうだと思う?」て聞き返してみたら「持ってたら嬉しいなって感じです」と言われてちょっとときめいたの悔しい。 ”

—    Twitter / waraiboshi (via chptr22)

(andi-bから)

“ 「最近の男はレベル低い」と喋る女性はつまりその程度の男としか会えないレベル。て説と同様に
「今どきの若者はつまらん」て喋るオッサンはつまりその程度の若者しか回りに居てくれないレベルのつまらなさなのだろう
男女と老若を逆にしても同じ ”

—    Twitter / Isaacsaso (via hutaba)

(andi-bから)

日本酒はいろいろは温度でたのしむことができますが、それぞれの温度で味わいが変わります。一般的には温度が高くなるほど味わいの強さが増し、低くなるほど香りと味わいが抑えられる傾向にあります。またそれぞれの温度の状態に対して独特の言い方をします。

温度が55℃前後を「飛び切り燗」といい、香りは凝縮し、最も辛口に感じられます。
以下温度が50℃前後を「熱燗」、45℃前後を「上燗(じょうかん)」、40℃前後を「ぬる燗」、37℃前後を「人肌燗」、33℃前後を「日向燗(ひなたかん)」といいます。

常温で置いている状態のことを「冷や」といい、本来の意味では冷蔵庫などで冷やした状態ではありません。
それ以下の温度では15℃前後で「涼冷え(すずびえ)」、10℃前後では「花冷え」、5℃前後では「雪冷え」といい、いわゆるキンキンに冷やした状態のことです。

“ 正直イケメンバンドが世の中糞食らえみたいな歌歌ってるのみても何も共感できないんですよね。楽器一切出来ない人生に何も希望の光が見えない50過ぎのくっせえおっさんどもがタンバリンならしながらわめき散らしてるほうがよっぽど世の中に対する不満が伝わってくるし共感できると思うんですよね。 ”

“ 遠藤周作が「文章力の修行にいい。電車の中でも出来る」と言っていたのが「オリジナル形容詞」。「終末を語る預言者のような顔で乗ってくる塾帰りの中学生」とか「路地裏のゴミ箱から嫉妬だけ集めて煮込んだような週刊誌の広告」とか、目に付くものにオリジナルの形容詞を作ると文章力が向上するそう ”

“ トトロの本家のおばあちゃんとラピュタのシータのおばあちゃんと、ジョジョのエンヤ婆の声が同じ鈴木れい子という人だが、さらにねるねるねるねのCMの魔女でもあると聞いて、日本の婆と魔女の元締めとしか思えない。 ”

—    Twitter / ASAILABOT (via chptr22)

(shinodddddから)